投資ちゃんねる

投資関連の記事をまとめています。

 

こちらの姉妹サイトも毎日更新しています!人生速報@2chまとめ

    2016年06月

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)02:11:25 ID:Fo6
    職を失った父親も今は社員としてどっかの冷凍の工場かなんかで仕事してるし
    家も取られるとか言いつつあれからまだ住めてるし
    母親は離婚届はずっと持ってるけど今の所離婚話はないし
    安月給でなんだかんだ家族仲良くやってる
    ただ父親の婆さんは脳梗塞で倒れてる上最近ボケ始めて
    親戚手に負えないらしいし
    二世帯で同居してた爺ちゃんが家を失う事を聞いて
    自暴自棄になって自殺した事が大ダメージだったかな
    自営業って成功するのどれだけ難しいのか分かったわ
    これから父親になる人へ自営業だけはするなよ

    【父親が自営業に失敗し自己破産して約1年】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/04(土)01:26:15 ID:NgV
    どう思う?なんとなくでいいよ

    【【アンケート】安部総理のことどう思う?】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/04(土)13:13:47 ID:zir
    スポーツ選手
    パフォーマー

    【【哲学】機械に奪われない仕事でも考えようか】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/06/03(金)16:08:11 ID:???
    (略)
    「ベーシックインカム」は、収入に関係なくすべての国民に無条件で
    毎月一定額を支給する新しい形の社会福祉制度で、
    貧困や少子化の対策に効果的だとする指摘もあります。

    スイスでは、この制度の導入を求める市民団体が国民から必要な数の署名を集めたことから、
    導入の賛否を問う国民投票が今月5日、行われることになりました。
    スイスの公共放送が先月25日に発表した最新の世論調査では、「財政への影響が懸念される」とか、
    「労働意欲の減退が心配される」などとして71%が「導入に反対だ」と答えています。

    続き NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160603/k10010544781000.html

    【【スイス】国民に毎月一定額を支給 制度導入巡りスイスで国民投票へ [H28/6/3]】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/06/04(土)08:32:35 ID:???
    明治が牛乳の主力品「明治おいしい牛乳」の新商品が発表されると、
    ネット上で「セコ過ぎる!」といった声が大量に出る事になった。

    新商品は、これまでの1リットルパックを900ミリリットルパックにして
    値段はほぼ同じ。事実上の値上げと思われるが、容量を1割減らした理由をパックの改良と、
    「持ちやすくするため」「最後までムダなくおいしく飲むことができる内容量」などと説明したからだ。

    「素直にコスト高って言えば角が立たないのにな」

    「明治おいしい牛乳」の新商品が発表されたのは2016年6月1日の「牛乳の日」。
    まずパックに特徴があり、従来容器と比べ横幅を約5mm小さくし、子供や高齢者でも持ちやすくした。
    そのため筋肉への負担も減る。キャップは開けやすく注ぎやすい広口のプルリング式を採用。
    パック内に牛乳を充填させ直接空気と触れにくいようにしたほか、
    遮光性の高い素材を使うなど新鮮さの長持ちを向上させた。そして、

    「人口動態やお客さまの飲用実態の変化に合わせ、
    最後までムダなくおいしく飲むことができる内容量として900mlの設定としました」

    と説明した。店頭の想定価格は税別250~270円で、
    現在売られている1リットルパックのメーカー希望小売価格260円(税別)とほぼ同じ。
    16年9月20日から九州をスタートに全国で販売するのだという。

    続き  J-CASTニュース
    http://www.j-cast.com/2016/06/03268738.html?p=all


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 46◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464356916/726

    【【企業】明治の新商品に「説明がセコイ」の声 値段変えずに牛乳1割減「持ちやすくしました」 [H28/6/4]】の続きを読む

    このページのトップヘ